2017年4月9日 放送

ソーテル日本学院によるキャリアフォーラム

3月25日、ウエスト・ロサンゼルスのテラサキ・ファウンデーションで、ソーテル日本学院によるキャリアフォーラムが開かれました。ソーテル日本学院は、1925年に創立された日本語の教育機関で、現在3歳から18歳までの160名が在籍。週に一回日本語のクラスを開講しています。このフォーラムは卒業後の将来を考える高校生のために、学校教員らによって企画され、日系のコミュニティリーダー4名が講師として招かれました。日系のリーダー4名はビジネス、メディア、エンジニア、弁護士と様々な分野のプロフェッショナル達で、それぞれの職業経験を通じ、社会で働くという事とは?目標にむかって、どうしたらよいのか?などについて、子どもたちに語りました。最後は、講師達が子どもたちのそれぞれの疑問に答えました。子供たちは日本文化というバックグラウンドをもつ自分自身の、社会でのあり方に関心が強く、講師達は、特に日本人以外の親を持つバイカルチャーの世代について、「他の人種や文化をより理解できるという立場は、今後有利になる」などと話していました。

クラ寿司のアーバイン店 リニューアル・オープン

回転寿司のチェーン店、クラ寿司のアーバイン店がリニューアル・オープンしました。これは開店からおよそ10年がたったアーバイン店の設備を見直し、大幅な改修工事を行なったものです。新たに導入されたのは、回転する寿司をホコリなどから守る寿司カバー、通称「鮮度くん」カバーにさわる必要が無く、すきまから皿を持ち上げるだけで寿司が取れる工夫がなされています。また「鮮度くん」にはセンサーが内蔵され、一定時間を過ぎた寿司は回転台から取り除かれます。各席には好きなメニューをオーダーできるタッチパネルを設置。注文したメニューはオーダー専用レーンで客席まで届けられます。このシステムにより、ラーメン、うどんなどの麺類。重箱やデザート類など、回転台に乗せにくいメニューも充実しました。さらに、15皿食べると景品がもらえる、日本のクラ寿司ではおなじみの「びっくらポン」も導入されました。店舗自体も客席を増やし、新たなウエイティング・システムが設置されました。クラ寿司では、毎月、日本の食に注目したフェアを実施。4月は日本各地の特産物を集めたオールジャパンフェアを14日から開催するとの事です。

パブリックアナウンスメント

イベント名: 40周年記念 箏曲演奏会
主催者: 粟屋会
日時: 2017年4月15日 (土) 午後2時〜
場所: James R. Armstrong Theatre 3330 Civic Center Dr, Torrance, CA 90503
メール: awayamusic@msn.com
電話番号: (310) 329 - 5965
料金: General $25 / At the door $30
イベント名 : 藤祭りバザー
主催者 : ガーデナ仏教会
日時 : 2017年5月6日 (土) 午前11時〜午後6時
場所 : Gardena Buddhist Church 1517 W. 166th St. Gardena, CA 90247
電話番号 : (310) 327 - 9400
ウェブ : www.gardenabuddhistchurch.org
料金 : Free
このページをシェアする
SoCal Japan TOP