第5話

天文23年(1554)春。成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧としての修行を積みながら、亀之丞(三浦春馬)の帰りを待っていた。武田・北条・今川家は三国同盟を締結。それを機に、身を隠していた亀之丞が井伊谷に帰還する。次郎は、成長した亀之丞との再会に心躍るが、出家した身であると思いを飲み込む。

このページをシェアする