第2話

おとわの命がけの策により、亀之丞は無事信州へと落ち延びる。直満の死後、直満と対立していた小野政直(吹越満)が今川家の目付として井伊家中の実権を握ろうとする。さらに政直は息子・鶴丸とおとわを夫婦にし、井伊家の家督を継がせようと画策する。だが、亀之丞との夫婦約束を守ろうとするおとわは、小野家と結婚しなくてもよい方法はないかと考えた末、とんでもない奇策を思いつく。

このページをシェアする