第18話 最終回

サイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官である青木が、美彌子の私物のパソコンに進入。美彌子の娘と思しき少女が映った写真や動画を密かにのぞき見た。異変を察した美彌子が、青木とは別の捜査官に調査を依頼した結果、侵入の痕跡が発見され、真っ先に疑いを掛けられたのは、亘だった。そんな中、美彌子に風間楓子(芦名星)と名乗る週刊誌の記者から取材依頼がある。美彌子は、冷静に取材を拒むが、下世話な記事を書かれてしまう。右京は、雑誌に掲載された少女の写真の背景が気になっている様子。それは、ロシア独自の風習を捉えたものらしく…!?

このページをシェアする