第15話

胃潰瘍で入院した幸子の見舞いで病院を訪れた右京と亘は、思いがけず病室で伊丹たち捜査一課と出くわす。聞けば、小松崎(小林且弥)というヘルパーが刺殺された事件に関して、入院中の真奈美(橋本真実)という盲目の女性に事情を聞きに来たらしい。真奈美は訪問介護サービスを利用する際、度々小松崎を指名していたという。捜査に乗り出した右京と亘は、小松崎が、介護をしていた相手から詐欺まがいの寄付を集めていたことを知る。さらに、小松崎の部屋から、なぜか真奈美の姉・貴子(池津祥子)の指紋が発見されて…!?

このページをシェアする