第14話

今から一年前に右京と亘が遭遇した謎の立てこもり事件。膠着状態に陥る中、右京は尊から犯人の要求している女性・吉井聡美に関する情報を入手する。尊によると、すでに亡くなっている彼女の死因は自殺の可能性が高いのだが、なぜかその前の2か月余り、幼い息子と姿を消していた時期があるという。一方、亘は右京が立てこもり犯と目星をつけている新堂司(田中偉登)という高校生の家族について調べていた。そんな中、なぜか事件を隠蔽しようと暗躍する山崎により、特殊部隊の強行突入が刻一刻と迫っていた。

このページをシェアする