第12話

郊外の廃倉庫で白骨化した遺体が発見される。発見現場にやってきた右京と亘は、廃品に紛れた遺留品から米の入った袋と紙片を発見。その紙片には、「大手米穀販売会社・タキガワが、主食用の米に加工用米を混ぜて販売している」という主旨の告発が書かれていた。遺体は、蜂矢(稲健二)という元受刑者である中年男性で、タキガワの不正を告発しようとして殺されたのではないかという疑惑が浮上する。右京はタキガワで雇用されていた元受刑者のリストから、蜂矢の失踪と同時期に退職している人物を発見。問題の男は、亀井(笹野高史)という年老いた累犯受刑者だった。しかし、亀井は特命係の2人ですら手を焼く人物で…!?

このページをシェアする