442 -Live with Honor, Die with Dignity-

第二次大戦時、442連隊の日系兵たちはアメリカ人としての自らの地位を確かにするため、皮肉にも大和魂で戦い、驚くべき戦績を残しアメリカ史上最強の陸軍と言われている。これは敵との戦いだけでなく国内での人種差別と戦い、勝ち抜いてきた彼らの生き様を描いた映画である。

UTB制作ドキュメンタリー映画
オリジナルDVD

「442 -Live with Honor, Die with Dignity-」

本編 / 予告編
特典映像「Rue du 442」
日本語字幕付英語版

販売価格: $24.95

※最寄りの日系書店でも販売しております。

映画をよりダイナミックに演出するのは、グラミー賞/ゴールデングローブ賞受賞者であり、アメリカを活動拠点として活躍する日本人音楽家喜多郎。オリジナルサウンドトラックでは喜多郎の音楽のみならず、画中で使われている442連隊のインタビューから一部を引用、各トラックのイントロダクションとして導入されている。単なるサウンドトラックではなく、映画を彷彿とさせる印象的なフレーズと共に、当時の日系人達の、そして442連隊の隊員達の苦悩と功績を辿ることができる。

「442 -Live with Honor, Die with Dignity-」

オリジナルサウンドトラック by KITARO

Version 1:
442 -Live With Honor, Die With Dignity- Soundtrack by Kitaro

販売価格: $16.98

Version 2:
442 Extreme Patriots of WWII: Kitaro’s Story Scape

販売価格: $12.98