実績紹介

【イベント】

2004年4月 石原慎太郎東京都知事 / チャリティー講演会 in 日米文化会館 880名動員
2004年9月 養老孟司氏 / 講演会 in 日米文化会館 800名動員
2004年10月 綾小路きみまろ氏 / チャリティーライブ in El Camino大学 2,400名動員
2005年4月 田原総一郎氏 / チャリティー講演会 in 日米文化会館 880名動員
2006年4月 コロッケ氏 / ものまねライブショー in Entertainment Center 2,000名動員
2006年7月 吉本興業&UTB主催 / すっごい新喜劇 in Hollywood Kodak Theatre 2,600名動員
2008年8月 坂東眞理子氏 / 講演会 in Redondo Beach Performing Arts Center 1,200名動員
2008年10月 木村祐一氏 / 写術 in Writers Guild Theater Beverly Hills 880名動員
2009年7月 フジコヘミング氏 / ピアノリサイタル in Santa Monica & NY Broad Stage 2,080名動員
2009年10月 櫻井よしこ氏 / 講演会 in Redondo Beach Performing Arts Center 1,200名動員
2010年6月 赤西仁氏 / You & Jin Live Show in Club Nokia 6,000名動員
2010年9月 栗原はるみ氏 / 料理&トークショー in Marriott Hotel 800名動員
2011年2月 赤西仁氏 / Yellow Gold America Tour(全米5都市) 10,000名動員
2011年9月 佐伯チズ氏 /講演会 in Torrance Marriott Hotel 600名動員
2013年8月 JAM PROJECT / アニソンライブショー in Musicians Institute 500名動員
2014年7月 May’n / ライブショー in Musicians Institute 500名動員
2014年8月 Kenichi Ebina / in El Camino College 3,000名動員

【映画製作】

2009年 TOYO’S CAMERA 2012年(第36回)山路ふみ子文化賞:
すずきじゅんいち(ディレクター)

収容所では禁じられたカメラを、隠し持ったレンズで自ら作り、その実態を描いたカメラマンがいた。東洋宮武である。彼の芸術と第二次世界大戦中の、アメリカにも日本にも属することが許されなかった日系人たちの悲劇を、東洋の撮った日系人収容所の写真を中心に描いていく。

2010年 442-Live with Honor, Die with Dignity- 2012年(第36回)山路ふみ子文化賞:
すずきじゅんいち(ディレクター)

第 二次大戦時、442連隊の日系兵たちはアメリカ人としての自らの地位を確かにするため、皮肉にも大和魂で戦い、驚くべき戦績を残しアメリカ史上最強の陸軍と言われている。これは敵との戦いだけでなく国内での人種差別と戦い、勝ち抜いてきた彼らの生き様を描いた映画である。

2012年 MIS-Human Secret Weapon- 2012年(第36回)山路ふみ子文化賞:
すずきじゅんいち(ディレクター)

日本との戦争が近づきつつあることを感じたアメリカ陸軍は、対日本諜報活動の必要に駆られ、密かに日系人二世たちを中心に秘密情報部「MIS」を組織した。彼らの存在が戦争終結を約2年早めたと言われている。また、彼らは降伏後の日本復興に大いに活躍した。この映画は親の祖国である日本と戦うことを選び、アメリカへの愛国心を忠誠を誓い戦った日系兵士たちの物語である。

2014年 WA-SHOKU~Beyond Sushi~

2013年にユネスコ無形文化遺産登録に登録され、国境を越えて広がる『和食』文化。寿司をはじめとした和食は、今や世界中で親しまれています。異文化の食べ物である和食がここまで認知されるようになった裏側には、和食の普及に人生を賭けた男たちの情熱の物語がありました。本作品は、彼らが切り開いた和食の未来、日本とアメリカ、両国からみた和食の本質に迫るドキュメンタリー映画です。
オンデマンド配信中